WordPressで下書きが保存できない時の解決方法!

ネットワーク
スポンサーリンク

sibahuです。
WordPressで作成中の記事を下書きとして保存しようとした時に【更新に失敗しました。 エラーメッセージ: 返答が正しい json レスポンスではありません。】とエラーメッセージが出て悩まされたのでその解決方法をご紹介します。

スポンサーリンク

実行環境

  • OS:Windows 10 Home Ver1909
  • WordPress 5.3.2

エラーが出た画面

highlight.jsを導入してから新規記事を書いて下書き保存と押そうとすると以下のような警告が出て保存が出来ませんでした。

また、エラーが出ている時に【F12キー】でデベロッパーツールを立ち上げると以下のようなエラーも出ていました。

Failed to load resource: the server responded with a status of 403 (Forbidden)

原因

自分はロリポップを使用していますがロリポップのWAFが原因でした。

今回、自分は【http://sibahublog.com】でエラーが発生してました。下書き保存をした回数だけログで出力されています。

個人情報に関わる部分は伏せています

対処方法

まずはWAFが原因であると断定するために一度WAFを無効にします。
今回、自分は 【http://sibahublog.com】 でエラーが起きていたのでこのドメインに対するWAFを無効化してあげます。

その後、再度下書き保存をすると上手くいくはずです。自分もエラーが出ることなく下書きが保存されました。
ただ、このままWAFを無効化しておくのはセキュリティ的な面でまずいので、エラーが出ている個所だけ除外してあげます。

htaccessファイルにエラーが起きている部分だけを除外する文章を追記します。

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-13

追記が完了した後に、もう一度下書き保存が上手くいくか確認します。
無事にエラーが出ることなく下書きが保存されれば完了です。

参考文献

【Wordpress】403エラーが出て保存ができません
https://teratail.com/questions/155604

WAFをONしてると403エラー 除外ルールを設定してみよう
https://wp.clean-navi.com/waf%E3%82%92on%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%A8403%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC-2023.html

追記 2020/04/09

WordPress 5.4にアップデートしてから同じ現象が起きました。

エラーが出ている個所だけ除外してあげてもログの番号が「qling-13」➡︎「qling-14」➡︎「qling-22」
とコロコロ変わってしまいました。

今回は、ロリポップのWAFが原因ではなかったため追記します。

WordPress 5.0 から新エディター Gutenberg(グーテンベルク)に変更になりました。
今回はこの新エディターに変わったことでエラーが発生していました。

そこで、旧のエディターに戻すClassic Editorプラグインをインストールしてあげることで解決します。

こちらのサイトがインストールするのにわかりやすいと思います。

WordPressを旧エディターに戻すプラグイン「Classic Editor」
https://souken-blog.com/2019/04/02/wordpress-plugin-classic-editor/

後は、プラグインを有効にしてあげて再度、下書きを保存してあげると上手くいくはずです。
是非、試してみてください。

参考文献

最速で解決!WordPress「更新に失敗しました」の記事投稿エラー
https://soundorbis.com/wp-reload-false/

WordPress「更新に失敗しました」を解決!
https://kuramori.co.jp/2019/03/06/wordpress-onayamikaiketu201903/

WordPressを旧エディターに戻すプラグイン「Classic Editor」
https://souken-blog.com/2019/04/02/wordpress-plugin-classic-editor/

コメント