ソニー WH-XB900N レビュー ノイズキャンセリングヘッドホン重低音モデル

ガジェット
スポンサーリンク

sibahuです。

MDR-XB950N1の後継機として2019/10/05に発売されました。ノイズキャンセリング搭載でかなり手が出しやすいヘッドホンとなっています。実際に使ってみてどうなのか。詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

WH-XB900N の特徴

詳しい情報は公式サイトに詳しく掲載されています。

WH-XB900N | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンWH-XB900Nの商品ページです。

簡単にまとめるとこのヘッドホンの特徴としては、

  • DSEE搭載で圧縮音源でもクリアに聞ける
  • 音質劣化の少ないLDAC、aptX HD、aptXに対応
  • アプリ対応で好みの音質にカスタマイズ可能
  • 重低音音楽に浸れるノイズキャンセリング機能
  • ノイズキャンセリング時最大30時間連続再生可能。クイック充電対応で10分充電で60分再生可能
  • Google Assistant、Amazon Alexa、Siri対応
  • WH-1000XM3 に近いデザイン
  • 26,900円+税とリーズナブルな価格

これだけの機能を搭載しており、3万円を下回るヘッドホンは中々ないと思います。

見た目と質感

自分はブルーのカラーを購入しました。写真で見ていたよりもブルーの色が鮮やかで綺麗です。また。ヘッドホン自体の質感も触ったときにザラザラとして高級感があります。指紋も残りにくい感じでとても良いです。

装着感、音質

このヘッドホンは EXTRA BASSシリーズです。ですので、重低音がかなり強化されています。

初めて装着し、音を聞いてみた感想としては、高温が籠って聞こえることもなく低音がかなりズンズン来ます。低音好きにはたまらなくいいと思います。ただ、長時間ずっと使用していると重低音モデルですので少し耳が疲れる時があります。そんな時は、専用のアプリであるSony | Headphones Connectを使って低音を少し抑えたり、ライブ会場のようにしたりして工夫しています。

装着感としてはパッドの部分が耳をしっかりと包み込みかなり良いです。不快な感じも全然ありません。ただ、気になる点として、ヘッドホン自体が地味に重いです。長時間付けていると頭が疲れるので休憩を挟みながら使っています。

ノイズキャンセリング機能

このヘッドホンで一番押しているであろうノイズキャンセリング機能ですが、そんなに強いというわけでもありません。周囲の会話が少し遠く聞こえるぐらいですのでノイズキャンセリング機能を求めて買うのであれば、他の上位モデルのヘッドホンを購入した方が良いと思います。

ただ、自宅やカフェでの使用ぐらいであれば全然支障のない程度ですので問題なく使えます。

便利な機能

ノイズキャンセリング機能をオンにしている時に右パッドに手を置くと、外部の音を取り込むモードになります。音量をわざわざ下げる必要がないので結構便利です。

また、 Google Assistant、Amazon Alexa 、Siriに対応しているのでちょっとYouTubeを開きたい時など呼び出すだけで何かできるので作業の邪魔になりません。

まとめ

自分は今までSONY MDR-1Rを7年ぐらい使用しており、かなり劣化も進んでいたため今回のWH-XB900Nを購入しました。2台目のヘッドホンとしてふさわしいヘッドホンを購入できたと思います。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

コメント