【令和の米騒動!?】売り切れ続出のゲーム「天穂のサクナヒメ」とは!

ゲーム
スポンサーリンク

sibahuです。
農林水産省が公式Wikiになるという何とも聴き慣れないワードがTwitterの話題にもなっているぐらいのゲーム「天穂のサクナヒメ」。どんな魅力が詰まっているのかご紹介します。

スポンサーリンク

天穂のサクナヒメとは?

Steam:天穂のサクナヒメ
稲を育てて強くなる和風アクションRPG登場! 美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は 「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、 日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合した ユニークな和風アクションRPGです。
『天穂のサクナヒメ』公式サイト
米は力だ!稲を育てて強くなる和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』公式サイト PlayStation4,Nintendo Switchにて好評発売中!

2020/11/11にSteamから、2020/11/12にNintendo Switch™ / PlayStation®4から発売された今までに無いお米づくりを体験できる和風アクションRPGとなっています。

天穂のサクナヒメの魅力

このゲームの最大の魅力はなんといっても本格的なお米づくりです。

Twitterやネット界隈では、あまりにもリアルなお米づくりが「稲作の描写が本格的すぎる」とかなり話題になっています。

また、本格的なお米づくりがゆえに攻略Wikiが「農林水産省」になったほどです!

PS5やSwitchのゲームで話題にあるゲームは今までたくさんありましたが、ここまで反響がすごいゲームはそうそうありません。

天穂のサクナヒメの価格面

個人的にこのゲームの一番凄いと思っているのはゲーム本体の価格面です。

< Nintendo Switch™ >
パッケージ限定版 6,980円+税 
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税

< PlayStation®4 >
パッケージ限定版 6,980円+税  
ダウンロード版デジタルデラックス 6,980円+税 
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税

< Steam >
通常版 5,478円  
デジタルデラックス 8,100円

最近のSwitchやPS4などで発売されるゲームは8,000円代のゲームがほとんどです。
そんな中で、この高クオリティのゲームをこの価格帯で遊べるのは本当にありがたいです。

価格帯は少し変動しますが、購入リンクを以下に記載しておきます。
ご購入にお役立てください。

まとめ

今回は、話題の天穂のサクナヒメについてご紹介しました。
発売開始から売り切れの情報も多く出ているので購入を考えている方は早めのご購入を検討してみてください!

コメント